空き家対策

高齢の親が施設に... 相続した実家が遠方で管理できない... など、空き家になるケースは様々です。
今後はさらに高齢化が進むため、空き家問題もさらに深刻化すると考えられるでしょう。
「空き家」のままにしておく事のリスクが大きいため、真剣に考える時代となりました。

空き家対策の推進に関する特別措置法

2015年5月26日には「空き家等対策の推進に関する特別措置法」が施行されました。この法律により適切な管理が行われていない空き家は「特定空家等」として認定されます。その場合、行政が指導、勧告、命令等の措置を行う事が可能となりました。その為、罰金や行政代執行にまで陥る可能性もありますので、十分な対処が必要です。また、固定資産税の特例も解除され、最大で6倍の大幅な増税となってしまいます。そうなる前に、私たちは「空き家」で悩んでいる方をサポートいたします。

ご相談・ご依頼時の流れ